お茶 辞典サイトマップお茶 通販
お茶・日本茶お茶 日本茶 通販専門店
お茶の歴史お茶の種類お茶の加工お茶(日本茶・緑茶)の淹れ方(入れ方)出し方お茶の保存方法お茶の効能お茶の料理お茶の活用法お茶の用語集お茶のことわざ

index
歴史
お茶の歴史
世界中に広まった経緯

種類と特徴
お茶の種類と特徴
生活シーン別のお茶
お茶の選び方

出来るまで(収穫・加工)
お茶の収穫
お茶の製造(加工)

おいしい入れ方(淹れ方)出し方
水の選び方
おいしい入れ方
冷茶の作り方
お茶のマナー

保存方法
保存方法
急須の手入れ法

健康効果
緑茶の成分
美容とダイエット
風邪やアレルギー等に
ガンの予防にお茶
その他の効能

簡単料理レシピ
簡単な料理レシピ

利用法・活用法
さまざまな利用法

専門用語集
お茶の専門用語集

ことわざ
お茶の「ことわざ」

リンク集

深蒸し茶
べにふうき

みんなで止めよう温暖化。 当社は、チーム・マイナス6%に参加しております。
緑茶

お茶 TOP > お茶の入れ方・出し方 > おいしい入れ方

おいしい入れ方 



毎日飲むからこそ、おいしいお茶が飲みたい。


茶煎茶は70℃〜90℃のお湯で、1分間浸出する。
最後の一滴まで、しつかり注ぐ。


@茶碗に湯を入れ、冷ます。(湯冷まし+湯の計量)
 ※煎茶(上)…70℃のお揚を50ml
  煎茶(並)‥・90℃のお湯を80mlが目安
A茶を急須に入れる。※5人で10g程度が目安
B冷ました湯を急須に入れ、1分ほど待ってから廻し注ぎで最後の一滴まで茶碗に注ぐ。
 ※2煎目(2杯目)からは、30秒程度でOK

茶廻し注ぎとは?

複数の茶碗にお茶を淹れておいしく飲むには、お茶の濃度が一定でなければなりません。
そのためには「廻し注ぎ」という注ぎ方をしてください。
【廻し注ぎのやり方】
お茶の入れ方(淹れ方)@図のように、1→2→3の順でお茶を注ぐ
A3の茶碗に注いだら、次は3→2→1の順で注いでいく
※(@、Aでは、少量ずつ注ぎ、お茶の濃度が一定にな
るようにします
※最後の一滴まで注ぐようにしてください


茶玉露は50℃〜60℃の温めのお湯で、
2分間しっかり浸出する。


@湯を湯冷ましに入れ、冷ます。
 ※無い場合はマグカップなどでもよい 湯温9肛一8(文ニ
A@で冷ました湯を急須に入れ、更に冷ます。
(湯冷まし+急須の温め)湯温80℃→70℃
B急須の湯を茶碗の8分目ほど注ぐ。
(湯冷まし+湯の計量)※茶碗は玉露用の小振りな物を使う
C急須に茶の葉を入れ、茶碗の湯を注ぐ。
 ※3人で10gが茶の葉の目安
 ※湯温は玉露(上)50℃、玉露(並)60℃位
D2分間ほど待って、廻し注ぎで最後の一滴まで茶碗に注ぐ。
 ※2煎目(2杯目)からは、30秒程度でOK


茶番茶・焙じ茶は熱湯・茶の葉をたっぷり。
茶はこまめに取り替える。

@茶を急須に入れる。※5人で15g程度が目安
A急須に熱湯を入れ、約30秒待ってから注ぐ
 ※2煎目(2杯目)からは、湯を入れてすぐ注いでもOK
 ※茶の菓の成分が出尽くしてしまうので、新しい茶に
 取り替えたほうがおいしい


茶お茶の淹れ方標準表

茶の種類や、飲む人数に合わせて、量やお湯の温度を調整すれば、おいしいお茶が淹れられます。
この「お茶の淹れ方標準表」をぜひ参考にしてください。

茶種 客人数 茶の量 湯の温度 湯の量 浸出時間
玉露 3人 10g
(大さじ2杯)
60℃
(湯気小さく上がる)
60ml 2分〜3分
煎茶(上) 3人 6g(大さじ軽2杯) 70℃
(湯気横ゆれ上がる)
170
ml
1分〜2分
煎茶(並) 5人 10g(大さじ2杯) 90℃
(湯気勢いよく上がる)
430
ml
1分
番茶 5人 15g(大さじ3杯) 熱湯 650
ml
30秒
ほうじ茶 5人 15g(大さじ3杯) 熱湯 650
ml
30秒

上の表は、あくまでも標準ですので、そのお茶に合った入れ方で
おいしく召し上がってください。





ページトップへ


お茶 日本茶 通販

お茶 産地直送(産直) home 深蒸し茶
お茶(日本茶・緑茶)のおいしい入れ方・出し方 お茶の産直・通信販売
お茶・日本茶
日本茶インストラクター(ソムリエ)
お茶の福本園の百科事典コーナー

福本園ロゴ produced by FUKUMOTOEN.(c) All Rights Reserved.FUKUMOTOEN,LTD. 2008
〒869-1104 熊本県菊池郡菊陽町戸次48-2 有限会社 お茶の福本園  TEL : 096-232-3003 FAX : 096-232-1495
inserted by FC2 system