お茶 辞典サイトマップお茶 通販
お茶・日本茶お茶 日本茶 通販専門店
お茶の歴史お茶の種類お茶の加工お茶(日本茶・緑茶)の淹れ方(入れ方)出し方お茶の保存方法お茶の効能お茶の料理お茶の活用法お茶の用語集お茶のことわざ

index
歴史
お茶の歴史
世界中に広まった経緯

種類と特徴
お茶の種類と特徴
生活シーン別のお茶
お茶の選び方

出来るまで(収穫・加工)
お茶の収穫
お茶の製造(加工)

おいしい入れ方(淹れ方)出し方
水の選び方
おいしい入れ方
冷茶の作り方
お茶のマナー

保存方法
保存方法
急須の手入れ法

健康効果
緑茶の成分
美容とダイエット
風邪やアレルギー等に
ガンの予防にお茶
その他の効能

簡単料理レシピ
簡単な料理レシピ

利用法・活用法
さまざまな利用法

専門用語集
お茶の専門用語集

ことわざ
お茶の「ことわざ」

リンク集

深蒸し茶
べにふうき

みんなで止めよう温暖化。 当社は、チーム・マイナス6%に参加しております。
緑茶

お茶 TOP > お茶の歴史 > 世界中に広まった経緯

世界中に広まった経緯 



お茶の歴史と、日本に入ってくるまで


茶お茶がヨーロッパに伝わったのは
16世紀・大航海時代。


お茶の歴史お茶は中国から世界中へ広まりました。
ヨーロッパに伝わったのは大航海時代に入る16世紀で、中国広東にやってきたポルトガル人が最初にお茶を味わった西洋人だといわれます。
17世紀に入ると、新たにアジア交易の覇権を握ったオランダによって、お茶がイギリスに輸出されるようになりました。


茶お茶が世界中に普及したのは、
20世紀から。生産国もどんどん拡大!


お茶が世界の隅々にまで普及したのは20世紀に入ってからです。お茶の歴史19世紀半ばにはインド、セイロンで生産がはじまりました。現在ではアフリカや南米でも生産されています。
2002年の統計によると、世界の茶の生産量は約306万トン。そのうち、緑茶は約74万トン、ウ一口ン茶は釣15万トン、紅茶は210万トン程度であると推定されます。

茶日本への伝来と栄西禅師の「喫茶養生記」。

日本茶の伝来に仏教が深く関わっていたことは、多くの史実が物語っています。
古来より日本の知識人は大陸文化を求めて、「遣隋使、遣唐使」として大陸に渡り交流を行ってきました。そして大陸に渡った知識人は、仏教とともに多くの知識を持ち帰り人々に伝えました。中でも茶は禅の修行に用いられたため、その製法、喫茶法はことに仏教と近い関係で日本に広められました。
最澄や空海そして栄西禅師などの高僧たちが伝来に関わった人々としてあげられますが、中でも栄西禅師は、1211年にわが国最古の茶科学書「喫茶養生記」を著しました。
「喫茶養生記」では、「茶は養生の仙薬なり。延命の妙術なり」と茶の効用が説かれ、お茶を飲んでいると心臓や肝臓などの五臓によく、病気にもかからないと書き残されています。





ページトップへ


お茶 日本茶 通販

お茶 産地直送(産直) home 深蒸し茶
お茶(日本茶・緑茶)のおいしい入れ方・出し方 お茶の産直・通信販売
お茶・日本茶
日本茶インストラクター(ソムリエ)
お茶の福本園の百科事典コーナー

福本園ロゴ produced by FUKUMOTOEN.(c) All Rights Reserved.FUKUMOTOEN,LTD. 2008
〒869-1104 熊本県菊池郡菊陽町戸次48-2 有限会社 お茶の福本園  TEL : 096-232-3003 FAX : 096-232-1495
inserted by FC2 system