お茶 辞典サイトマップお茶 通販
お茶・日本茶お茶 日本茶 通販専門店
お茶の歴史お茶の種類お茶の加工お茶(日本茶・緑茶)の淹れ方(入れ方)出し方お茶の保存方法お茶の効能お茶の料理お茶の活用法お茶の用語集お茶のことわざ

index
歴史
お茶の歴史
世界中に広まった経緯

種類と特徴
お茶の種類と特徴
生活シーン別のお茶
お茶の選び方

出来るまで(収穫・加工)
お茶の収穫
お茶の製造(加工)

おいしい入れ方(淹れ方)出し方
水の選び方
おいしい入れ方
冷茶の作り方
お茶のマナー

保存方法
保存方法
急須の手入れ法

健康効果
緑茶の成分
美容とダイエット
風邪やアレルギー等に
ガンの予防にお茶
その他の効能

簡単料理レシピ
簡単な料理レシピ

利用法・活用法
さまざまな利用法

専門用語集
お茶の専門用語集

ことわざ
お茶の「ことわざ」

リンク集

深蒸し茶
べにふうき

みんなで止めよう温暖化。 当社は、チーム・マイナス6%に参加しております。
緑茶

お茶 TOP > お茶の加工 > お茶の収穫

お茶の収穫 



おいしいお茶を、あなたに 〜お茶ができるまで〜


茶お茶はツバキ科の植物。
いいお茶がとれるのは、苗を植えてから7年目頃から


お茶はツバキ科の植物(永年性の常緑樹)で、葉の形も花もツバキ茶の花に似ています。東南アジアが原産地です。
茶を栽培する茶園では、10アール当たり、苗を1,500〜2,300本植えます。収穫ができるようになるのは、植えてから4年目頃から。7〜10年頃になると収穫量も安定し、おいしいお茶がとれます。
30年位を過ぎると生産力が落ち、植え替えの時期となります。


茶八十八夜のお茶は柔らかい新芽で作られる。
だから、おいしい。


今では、ほとんどが機械に変わっていますが、茶摘みの時期は5月茶の芽の八十八夜前後と、昔から変わりません。
八十八夜の頃のお茶は「一芯二葉」といって、2枚の若葉と芯芽だけを摘んで作り、最上級のお茶とされます。気温も上がり、茶の葉の成長が進むと「一芯三葉」といって、成長した葉も一緒に摘むようになります。
茶は生命力の強い樹で、葉を一度摘んでもまた新芽が伸びてきます。そのため、年に2〜4回の収穫が可能です。八十八夜の頃に摘まれる一番茶から始まって、二番茶、三番茶、四番茶と続きます。





ページトップへ


お茶 日本茶 通販

お茶 産地直送(産直) home 深蒸し茶
お茶(日本茶・緑茶)のおいしい入れ方・出し方 お茶の産直・通信販売
お茶・日本茶
日本茶インストラクター(ソムリエ)
お茶の福本園の百科事典コーナー

福本園ロゴ produced by FUKUMOTOEN.(c) All Rights Reserved.FUKUMOTOEN,LTD. 2008
〒869-1104 熊本県菊池郡菊陽町戸次48-2 有限会社 お茶の福本園  TEL : 096-232-3003 FAX : 096-232-1495
inserted by FC2 system